肌のシミの原因を知って行う美白対策!新陳代謝を促してシミを予防する方法

肌のシミは出来てしまうといつの間にか消えている場合と、いつまでも残ってしまう場合があります。

 

どうしてシミとして残ってしまうのでしょうか?消えるシミと消えないシミの違いも気になります。シミの原因と美白対策について調べてみました。

 

シミを消したい,原因,美白対策

 

肌のシミの原因の8割は紫外線が影響している

シミの原因として真っ先に思い浮かぶのは、日焼けによるシミではないでしょうか?5月は、1年で最も紫外線が強い時期です。

 

夏場よりも過ごしやすい気候の為、夏よりも紫外線が弱いと感じますが、実は1番紫外線がきつい季節なんだそうです。春先は真夏よりもシミが出来る確率が高いともいえるそうですよ。

 

とは言え10代の頃は日焼けをしても時間が経てば元通りの肌色に戻っていたため今より日焼けに対する防御策もしていなかった気がします。今思えばあの頃から日焼け止めをしっかり塗っておけば30代40代になってシミが現れることもなかったのかもしれません。

 

紫外線には、UV-AとUV-B波があるそうです。

 

主にシミの原因となるのは、UV-Aを多く浴びてしまった場合なんだとか。UV-Aは生活紫外線とも言われていて、肌の奥まで入りこんで届くことが特徴だと言われています。シミを消したい,原因,美白対策

 

すると私たちの肌は、紫外線が侵入してくるのをブロックするためにメラニンを生成して肌を守ろうとします。メラニンはシミの原因と言われ悪者のイメージが強いのですが、実際は紫外線から肌を守る働きをしているそうです。

 

この時生成されたメラニンが肌から排出されなかった場合将来のシミになってしまう可能性があるため、紫外線を浴びないようにすることとメラニンの生成を抑制するような美白ケアで肌のシミを消してしまいましょう。

 

また紫外線UV-Bは、皮膚自体へのダメージが大きな紫外線で、皮膚が炎症を起こしてしまったりするのはUV-Bの影響だと言われています。

 

紫外線には、体内でビタミンDを作り骨を丈夫にする働きもあるため全く紫外線を浴びない様にすることはあまりよくありません。

 

健康のためには日光浴も必要と言いますが、日焼けに注意しながら適度な時間、適切な方法で紫外線を浴びることは体にとってメリットになります。朝陽を浴びてウォーキングやヨガなどを週に1度でも行うとストレスの解消にもつながります。

 

普段の生活の中でも紫外線を浴びる状況はいくらでもあります。洗濯物を干す際や買い物の際などもそうです。少しの時間だからと日焼け止めをせずに外出することを繰り返していると少しづつメラニンが蓄積してしまうかもしれません。

 

肌のシミの原因は肌老化の可能性も

シミの原因は紫外線の他に、30代以降の肌に見られる肌老化が考えられます。

 

30代後半になれば誰でも感じると言われる体や肌の衰えがあります。疲れが抜けないとか、肌のくすみやシミやしわなどの悩みが出てくるのも肌老化の影響です。

 

年齢を重ねると肌の水分量が減ってくるため肌が乾燥しやすくなります。すると肌のバリア機能が弱くなってしまったり、新陳代謝が遅れ始めるため肌の奥に蓄積していたメラニンがシミを作り出します

 

私たちの肌は新陳代謝が正常に行われていると、メラニンが生成されても新陳代謝の度に垢と一緒に排出されるためシミになりにくいメカニズムになっています。

 

肌のくすみやしわ、乾燥を感じたら新陳代謝を促すスキンケアをしてみてくださいね。

 

シミを消したい,原因,美白対策

 

肌のシミを予防する新陳代謝を促すスキンケア法

シミが出来やすくなっているお肌は肌が乾燥してバリア機能も弱くなっている事が考えられるため、シミを消すために先ずは肌環境を整えることから初めて見ると良いと思います。

 

肌に潤いが戻り新陳代謝も促されるようになると、紫外線を浴びてメラニンが生成されてもターンオーバーでメラニンは排出されます。このサイクルを覚えておけば、日焼けをしてもたっぷりの保湿対策をすればシミ予防にも繋がります。

 

紫外線の強い季節は、毎日日焼け止めを使用することになりますので肌にやさしいクレンジングや肌ダメージを和らげる保湿効果の高いスキンケア化粧品を使ってみてくださいね。

 

肌環境を整えながら美白成分がすでにできているシミに働きかけてシミを薄くする化粧品はTOPページで紹介しています。
↓↓
新陳代謝を促すスキンケア化粧品について