シミを消すために使われるトレチノインの効果とは?

トレチノインはビタミンA誘導体のことで、シミ・しわ・ニキビに効果があると言われている成分です。

 

これはトレチノインに

  • 肌のピーリング
  • ターンオーバーの促進
  • 過剰な皮脂の分泌を抑える

こんな働きがあるからです。

 

トレチノインはシミとなっている色素沈着したメラニン色素を排出したり、新しい肌細胞の生成を活発にさせる働きに優れているため、継続して使用すると真皮層のコラーゲンを増やし肌のハリや弾力が蘇るため、若返りの成分としても知られています。

 

若返り,トレチノイン

 

トレチノインの効果的な使い方

皮膚科やクリニックで処方されるトレチノインクリームの場合ですが、一般的な使い方としてまとめてみました。

 

トレチノインクリームは1日に2回シミに直接塗ります。

 

暫く使用しながら肌の様子をみます。次第に炎症や赤みが出始め、しばらくすると肌が落ち着きます。

 

赤みや炎症が酷い場合は、専門医に相談して使用回数を減らしたり、お休みするなどの対策をとることも出来ます。

 

皮膚の赤みが落ち着いたらシミが薄くなりはじめます。

 

トレチノインクリームの使い方はとても簡単ですから、普段のお手入れでどうしても消えないシミのお手入れに加えてみるのも良いかもしれません。

 

トレチノイン含有の化粧品はどこで買える?

トレチノインはレチノールという名前で化粧品に含有されています。

 

レチノールはビタミンA、トレチノインはビタミンA誘導体と言われており、ビタミンAの100倍近い生理活性があると言われています。

 

レチノール含有化粧品はドラックストアで取扱いのあるブランドや、通販化粧品でも取り扱いがありますから直ぐに試すことが出来ます。

 

ドラッグストア,トレチノイン

 

トレチノインのもつ肌の新陳代謝を促進させる働きと、コラーゲンの生成を促す働きによって、シミとシワの改善に使われることが多いです。

 

ビーグレンのレチノAは、ビーグレンの浸透テクノロジーが加わり角質層内部に浸透してシミやシワの改善が出来ます。

 

レチノAはこちらでトライアル紹介しています

 

トレチノインとハイドロキノンでシミを消したい

シミの治療に皮膚科で処方されるのが、トレチノインと美白成分ハイドロキノンです。

 

トレチノインの働き

ターンオーバーを促しピーリング作用でメラニンを排出

 

ハイドロキノンの働き

メラニン色素自体を薄くする作用とメラニンの生成を抑制する

 

トレチノインとハイドロキノンの併用でより確実にシミをなくすことができるのです。

 

トレチノインの副作用について

 

主に皮膚科で処方されるトレチノインクリームは、化粧品に含有されているトレチノイン(レチノール)の100倍近い生理活性がある為、トレチノインクリームを塗ると赤みや炎症がどうしても起きてしまう事があります。

 

個人差はありますが、赤みがそのまま残ってしまう場合もあるようですから専門医に相談しならが治療を進める方が良いかもしれません。