シミがストレスで濃くなる理由

シミは年齢を重ねれば誰にでも出来る自然現象のようなものですが、その原因の多くは紫外線です。

 

紫外線を浴びるとメラニンが生成されます。

 

メラニンは、肌を守っている大切な存在なのですが肌にいつまでも残ってしまうと薄茶色のシミになってしまいます。

 

これは肌の新陳代謝が遅れている場合に起こります。

 

ストレスが蓄積されると、活性酸素が作られメラニンが作られるメラノサイトにメラニンを作るよう刺激してしまうのです。

 

すると過剰に生成されたメラニンが肌に残りシミが出来る、またはシミが濃くなってしまうのです。

 

ストレス,シミ,消したい

 

ストレスが肌に及ぼす影響

またストレスを感じていると自律神経の働きが乱れるためホルモンバランスまで影響が及んでしまいます。

 

生理前のPMS(生理前症候群)の時期はホルモンバランスが崩れるのでニキビが出来たり毛穴が目だったり肌荒れが気になりますね。

 

そんな状態がストレスが溜まっている時も起きてしまうためシミが増える原因になります。

 

ストレスは上手に解消してあげないと心身へも影響をおよぼすため美容と健康にためにストレスは早めに解消しましょう。

 

トップページへ戻る