しみ、そばかす、ほくろの違いとお手入れ法

顔や手の甲などに出来るシミ、もしかしたらほくろの可能性があるかもしれません。

 

シミの多くは老人性色素班という紫外線が原因でできるシミです。

 

そのシミが出来始めるのは30代以降が多くお手入れをしなかった場合は年々増えたり濃くなってしまうこともあります。

 

そばかすに比べると大きさはまちまちですが色々な部分に出来やすい特徴を持っています。

 

そのためシミなのか?そばかすなのか?ほくろなのか?判断が難しい場合もあるかもしれません。

 

シミ,そばかす,ほくろ

 

シミ、そばかす、ほくろの見分け方

シミは30代前後から出来始める事が多いのですが、そばかすは遺伝の可能性があり幼少期から出始めるという方も多く見られます。

 

出来始める年齢で予測することも出来ますが、ほくろは肌表面をよく見るとフラットではなく凸凹がある場合が多いです。

 

しみ、ほくろを専門にしているクリニックによれば、シミもそばかすもほくろも原因はすべてメラニン色素によるものなんだそうです。

 

なぜ見た目違いが出るのか?これはメラニン細胞の数の違いから肌表面への現れ方に違いがでるからです。

 

早く消したいシミ、そばかす、ほくろのお手入れ

シミやそばかす、ほくろはどれもメラニン色素が原因なのですがすべて同じお手入れで消えるというわけではないためシミの種類によってお手入れに違いがあります。

 

化粧品によるお手入れで解消に期待が持てるのはシミとそばかすです。

 

ほくろは化粧品で消えることは難しいためお手入れを続けるよりも専門のクリニックで相談されてみてはいかがでしょうか?

シミやほくろの除去を専門に行っているクリニックもありますのでセルフケアで消えるシミなのかなどプロの意見は参考になりますよ。