シミを消す化粧品でお手入れを続けてもシミが消えない理由

頬に出来たシミが気になって毎日シミ消し化粧品でお手入れを続けていてもシミが消えない。

 

もしかしたらそのシミは通常のシミとは違うタイプのシミかもしれません。

 

通常シミ(老人性色素班)は、紫外線が原因で出来る場合が多いのですが、シミ消し化粧品で消えないシミというのは「肝斑」の可能性が高くなります。

 

肝斑は、紫外線の影響で出来るのではなく体のホルモンバランスの変化で出来るからです。

 

ホルモンバランスの変化で出来るシミ(肝斑)はどうして毎日のお手入れで消えないのでしょうか?

 

通常のシミと肝斑の違い

  • 老人性色素班: 薄茶色の輪郭がはっきりとしたシミで紫外線を浴びたことで出来るシミ
  • 肝斑: ぼんやりと広範囲に薄茶色のシミが左右対称に出来るシミでホルモンバランスの変化が原因

 

シミに効く化粧品でお手入れを2ヶ月以上続けても変化がない場合は、肝斑にも効く成分が配合されている美白化粧品に切り替えたり、美容皮膚科でレーザートーニングを受けてみるのも良いかもしれません。

 

数年前までは、肝斑をレーザー治療すると逆に濃くなってしまうと言われていましたが、とレーザートーニングは医療用のレーザーを使用した新しい治療法です。

 

でも安全でコストのかからない家でのお手入れで肝斑を消したいなら出来てしまったシミも肝斑にも効くハイドロキノン配合の化粧品を使用してみてはいかがでしょうか?

ハイドロキノン配合コスメはこちら