シミを消したいなら紫外線対策を始めよう

紫外線対策は毎年欠かさずしている方も多いかもしれませんが、紫外線を浴びなければ体に良いというものでもないのです。

 

体に必要な紫外線というものもあるので上手に浴びて健康でシミの出来にくいお肌を作りましょう。

 

シミを消したいなら今すぐ紫外線対策

年齢を重ねたお肌には、1年中紫外線対策をしたいところです。

 

5月はさわやかで外出する機会も増えますよね?でも注意したいのは5月が1年の中で最も紫外線が強くなる季節だという事です。

 

夏本番の7月、8月が一番強そうですが、紫外線は暑さには関係なく桜の季節が終わった5月に最も強くなります。

 

肌の奥まで届くUV-Aという紫外線に注意が必要です。

 

シミの原因となる紫外線の種類

紫外線の種類は2つです。

 

  1. UV-A
  2.  生活紫外線の約95%を占めている。
     肌の奥まで届くためメラニンの生成を促してしまう。

     

  3. UV-B
  4.  約5%を占め、皮膚へのダメージが強。
     皮膚の炎症や皮膚がんを引き起こす。

     

 

シミを消したい時の紫外線対策「世界一受けたい授業」

毎年紫外線対策グッズに新顔が増えますが、本当に紫外線をカットしてくれるものなのでしょうか?

 

「世界一受けたい授業」で東海大学名誉教授の佐々木政子さんが解説していました。

 

日傘をさす場合は、地面からの反射を気にした方が良いと言いますが、地面からの反射は空から浴びる紫外線量に対して1.9%ほどなのでさほど気にしなくても良いそうです。

 

空からの紫外線量は日傘をさすことで95%カットできるため日傘を有効活用しましょう。

 

そして、洋服の素材は、綿よりもポリエステルが良いそうです。

 

綿が1.3%の紫外線を通すのに対して、ポリエステルは0.0%なんです。

 

夏は、綿素材が汗を吸収して良さそうですが、さらりとしたポリエステルを着ることで服の上からの紫外線をカット出来ます。

 

シミを消したい時でも必要な紫外線とは?

実は、紫外線を全く浴びずに生活していると、骨粗鬆症になりやすくなります。

 

紫外線を浴びると、ビタミンDが作られて骨を強くしてくれるからです。

 

では、どのくらいの紫外線を浴びればよいのでしょうか?

 

紫外線はシミの原因を作り出してしまうので浴びたくないわと言う方が多いかもしれませんが、この方法なら大丈夫なんです。

 

紫外線の浴び方

手のひらにはメラニン色素がほぼないため、手のひらを上にして日中15分位木陰で紫外線のUV-Bを浴びます。

 

手のひらから紫外線を浴びるのは意外な方法ですが、シミが出来にくい手の平ならではですね。

 

適度な紫外線を浴びて、骨を丈夫にしてシミの出来にくい素肌を作りましょう。

 

美白対策に効く美白化粧品はトップページに詳しく書いています