シミを消したい時のシミ消しクリームと化粧水

顔にシミが出来てしまうと濃くなることはあっても自然に消える事ってあまりないかもしれません。

 

紫外線を浴びたことによって出来るシミ(老人性色素班)は、特にその傾向があるため日頃から紫外線対策を行ってシミの原因を作らないようにすることでシミ予防になります。

 

でも、頬や手の甲などに出来てしまったシミをこれ以上濃くしない方法やシミを消すための方法で一番優れているのはどれなのでしょうか?

 

シミ,消したい,クリーム,化粧水

 

シミを消すと言われている美白化粧品によるお手入れは、化粧品選びが正しければ肌のくすみまでも取れるシミの解消に良いでしょう。

 

ただしシミの種類によっては、美白化粧品では効果が良く解らない場合もあります。

 

例えば、女性ホルモンの変化によって出来る肝斑や遺伝出来なそばかすなどは紫外線によるシミよりも美白が効きにくいこともあるようです。

 

そのため私は今実際に悩んでいる紫外線によるシミに効く美白化粧品を使っています。美白成分が配合されている化粧水や美容液、乳液などです。また市販のシミ消しクリームも使って比べてみました。

 

シミ消しクリームと化粧水はどちらが美白に効くの?

シミの種類とシミの濃さなどによっても変わってきます。

 

紫外線の影響で出来てしまったシミは、肌に出始めるときはじわじわと薄茶色をしています。これが濃くなってしまうと美白化粧品だけでは完全にシミを消すことが出来ない場合もあります。

 

私が実際に浸かっている美白化粧品はTOPページのランキング中のものですが、シミだけでなく肌全体のくすみもスッキリと落としてくれました。

 

30代半ば以降は、肌老化がすすむ速度が速くなるため肌の明るさが無くなって来たり、うっすらとシミが出来始めたら使ってみることをお勧めできます。

 

市販のケシミンなどのシミ消しクリームですが、シミが薄くなったと言う人と全く変化がないという方もいるようです。

 

シミ消しクリームよりも化粧水にハイドロキノン成分配合

シミ消しクリームのメリットもありますが、シミだけでなくエイジングケアも考えて作られている美白化粧品は肌の乾燥対策も出来るので使ってみると良さが良くわかります。

 

乾燥から守られた肌は、トラブルが起きにくくバリア機能も働くため紫外線にも強い肌環境が整います。

 

中でもシミの漂白剤とも言われている「ハイドロキノン」配合の美白化粧品は、年々取り扱うメーカーが増えています。

 

その中でも肌の奥まできちんと成分が届く実績のある美白化粧品をTOPページでは紹介しています。

 

TOPページの美白化粧品はここから