秋の美白でシミを作らない

日焼けのアフターケアは出来ていますか?

 

夏の間に浴びた紫外線の影響で肌が疲れている秋は、新たなシミが出来やすい季節です。

 

シミが出来るメカニズムを思い出してみましょう。

 

@紫外線を浴びる

A肌を守るためにメラニン(メラノサイト)が生成される

B不要になったメラニンがターンオーバーによって排出出来なかった場合

Cシミが出来る

 

UVケアを行っていても100%メラニンの生成が抑えられているとは限らないため肌の奥では夏の紫外線によるメラニンが存在しているんです。

 

Bの肌のターンオーバーのよって古い角質とともにメラニンも剥がれ落ちてくれればシミにならずに済みますが、肌の不調や年齢によるターンオーバーの乱れでいつまでも肌に残ってしまう事があります。

 

皮膚細胞,メラノサイト
するとシミとして肌に定着してしまいます。

 

多くの化粧品メーカーが秋も美白をすすめている理由が解りますよねね。

 

秋になると空気の乾燥が高まる季節になる

秋も深まれば空気の乾燥も進んできますから、次は乾燥対策も同時進行です。

 

乾燥した肌は、ターンオーバーが乱れてしまいますので秋は、「美白」と「保湿」の同時進行がポイントです。

 

夏は紫外線対策、秋は保湿と美白、冬は乾燥対策・・・

 

季節ごとにみても1年中肌のお手入れには工夫が必要ですね。

 

季節で変わる,肌のお手入れ

 

今の時点で肌荒れが気になる場合は、肌のバリア機能とターンオーバーを整えるスキンケアで潤う素肌を作りましょう。

 

美白化粧品を実際に使って思う秋におすすめの化粧品

私が特にオススメしている厳選した美白化粧品は、全て実際に1年以上使いましたが肌荒れが起きていても刺激にならずに使えました。

 

シミの消しゴムと言われている美白成分「ハイドロキノン」配合のものが、美白力が高く肌のくすみまで軽減される働きを感じました。

 

バリア機能が極端に弱くなってるようであれば、ディセンシアのサエルを試してみてくださいね。

 

ディセンシア,サエル

 

敏感肌、低刺激で有名なブランドです。

 

特におすすめの美白化粧品ランキングはこちらから