背中のシミが目立つ季節になる前のお手入れ

顔にはシミが出来ない様に忘れずに日焼け止めを塗りますがうっかり忘れやすいのが背中の紫外線対策です。

 

気候が良くなる春は寒暖差も大きく急に汗ばむ陽気になることもあります。

 

そんな時上着を脱いでしまいうっかり日焼けをしてしまう可能性があります。

 

春の紫外線は実は真夏並みの強さで室内にいても肌の奥まで届いてしまうため外出しない日も紫外線対策が欠かせないんです。

 

特に肩甲骨から上あたりの背中部分は、自分では手が届きにくいため気が付いたらシミが出来ていたということにもなりかねません。

 

紫外線が強くなる春に紫外線対策と美白のお手入れを行うとシミが増える夏に向けた対策ができます。

 

背中のシミの原因

気が付いたら背中にシミが出来ていた。

 

その原因は

  • これまでに浴びてきた紫外線によって蓄えられたシミ予備軍(メラニン)の影響
  • 背中ニキビの炎症によってできてしまったニキビ跡(メラニン)の影響

 

紫外線もニキビ跡もメラニン色素が関係しているんですね。

 

背中のシミにはターンオーバーを促すお手入れで

どうしたら背中に出来たシミは消えるのでしょうか?

 

顔のシミと同じように、背中の肌もターンオーバーによって肌細胞は生まれ変わっています。

 

古い角質と一緒にメラニンも排出されるようなお手入れをすることで少しづつメラニンが排出されます。

 

春に強くなる紫外線は、肌の奥まで届くUV-Aで肌のハリを保っているコラーゲンを壊しやすいのです。

 

紫外線をしっかり防いでメラニンの生成を抑制してくれる化粧品で背中のシミが出来ないお手入れをしましょう。

 

TOPページへ戻る