産後シミが増えたり濃くなる原因とは?

妊娠、出産を通して女性ホルモンのバランスが大きく変化するためシミが出来やすいと言われています。

 

妊娠3ヶ月以降にシミが増えたと感じるのもホルモンの影響です。

 

妊娠中はエストロゲンという別名「美肌ホルモン」が多く分泌されているため肌の潤いなどは保たれていますが一方ではメラノサイトを刺激してメラニンの生成を促してしまう働きがあります。

 

妊娠時に紫外線対策を怠ってしまうとメラニンが過剰に分泌されてしまいます。

 

するとメラニンはシミ予備軍として肌の奥に居座ります。

 

産後,シミ,消したい

 

出産後になると、半年ほどかけてホルモンバランスは妊娠前の状態に戻っていきますが出産後はエストロゲンがぐんと減ってしまうため肌荒れが起こりやすくなります。

 

肌のターンオーバーも遅れてしまう事から妊娠中に生成されたメラニンがシミとして定着してしまうため産後はシミが増えてしまいます。

 

産後のシミを消したい時のお手入れ

産後のシミのお手入れを続けても消えないシミはもしかしたら肝斑の可能性があります。

 

肝斑はホルモンバランスの影響で両頬に出来るシミのことです。

 

肝斑にもシミにも効く化粧品もありますが、美白化粧品にはこれからできるシミの予防が主な働きになっているものが多いため化粧品を選ぶ際は今出来ているシミにも働きかける化粧品が産後のシミの解消になります。

 

妊娠するとシミが増えるのはなぜ?