妊娠するとシミが出来やすくなるのはなぜ?

妊娠するとシミが増えるって本当?

 

つわりやほてりなど体調に変化が出るのは解りますが、肌のシミが増えるのはなぜでしょうか?

 

女性の体に起こる変化に注目しています。

 

妊娠,シミ,消したい

 

妊娠するとシミが出来る原因

シミは、紫外線を浴びるとメラニンを生成して肌を守っています。

 

このメラニンは、角質層の深部で作られ新しい肌細胞が作られると徐々に肌表面に押し上げられて最終的に垢となって剥がれ落ちます。

 

これが肌のターンオーバー機能で、新陳代謝とも言われています。

 

ターンオーバーはおよそ28日位の周期で行われているのですが肌が乾燥していたり、加齢で機能が低下してしまうと周期が遅くなりメラニンが上手く排出されずにシミとして肌に定着してしまします。

 

これが一般的に加齢によって起こるシミが出来たという状態です。

 

ではなぜ妊娠するとシミが出来るのでしょうか?

 

妊娠すると女性ホルモンの働きが活発になりその影響でメラニンが過剰に生成されてしまいます。

 

メラニンが多くてもターンオーバーで排出されればシミになることも防げるのですが、妊娠中のお手入れを適当にしてしまうと肌が乾燥した状態が続きターンオーバーが遅くなったままになったり、紫外線対策が不足していると益々メラニンの生成が活発になってしまいます。

 

産後は、妊娠前のホルモンバランスに戻り体も肌も元通りになりますが、作られたメラニンがすべて排出されたかどうかが問題なんです。

 

妊娠するとシミが増えるのは仕方がないとお手入れもそこそこにしてしまうと産後にシミが残ってしまう恐れがあります。

 

妊娠時に行いたいお手入れとは?

普段からシミ対策として美白化粧品やUVケアを入念に行っている方は、妊娠中は肌の乾燥に気を付けながらお手入れをされてみてくださいね。

 

今まで紫外線対策はあまりしていなかったという方は、そのままのお手入れですと妊娠時に過剰に生成されたメラニンがシミになってしまう可能性があるのでUVケアに力を入れてみてはいかがでしょうか?

妊娠中にも肌への刺激を気にせず使える化粧品はここちら