メラニン色素はなぜシミの原因になるの?

メラニンと聞くと、やがてシミになる悪者のイメージが強いのですが、紫外線から私たちの肌を守ってくれる大切な役割をしています。

 

もしメラニンが無かったら、紫外線が皮膚の真皮層まで達してしまい水ぶくれを起こしてしまう可能性もあります。

 

メラニン色素の生成とシミを消したい時の紫外線対策

メラニン色素はどうやって作られるのでしょうか?

 

私たちの皮膚にはメラノサイトという部分があります。

 

紫外線を浴びると、活性酸素が発生します。するとメラノサイトに紫外線から肌を守るためにメラニンの生成を促す指示が出ます。

 

紫外線を浴びた後に肌の色が黒くなるのはメラニンの仕業なんです。

 

生成されたメラニン色素は、肌の新陳代謝機能によって肌の組織から排出されていき元通りの肌色になる仕組みになっています。

 

これが、上手く働いていない状態になってしまうとメラニン色素が肌に沈着してシミが出来てしまうのです。

 

紫外線から肌を守っているメラニンですが、肌機能の低下が進むとシミの原因になるため肌機能を正常にする美白ケアを行って体外に排出される環境を作りましょう。

 

メラニン色素を排出してシミを消したいなら新陳代謝をアップさせよう

年齢を重ねると私たちの体や肌は老化が進みます。

 

老化のサイン

 

  • シミが出来る
  • 肌のくすみがでる
  • シワが出来る
  • 毛穴が目立つ
  • ほうれい線が出来る

 

などですが、シミが出来てしまっても焦らず肌の新陳代謝を上げるお手入れを続けてください。

 

TOPページでは新陳代謝を上げてシミにも効く化粧品を取り上げています。

 

今お使いの化粧品よりも肌のくすみが取れやすい、シミが薄くなるなどの影響が解りやすいかもしれませんので先ずは試されてみてはいかがでしょうか?

 

洋服などはセール時期がねらい目ですが、実は化粧品もセールを行っているブランドがあります。

 

TOPの美白ケア化粧品はコチラから