シミを消すレーザー治療で出来る事って?

シミが消えないと悩む方の多くは、老人性色素班という紫外線によるシミに悩んでいる場合が多いです。

 

紫外線対策をしていても必ずしも万全ではないため紫外線ダメージが肌に蓄積してしまい、加齢による肌機能の低下などからシミが出来始めてしまいます。

 

美白化粧品でお手入れを続ければやがてはシミが薄くなり、消える可能性もありますが時間が掛かります。

 

早くシミを消したい!毎日メイクでシミを隠すわずらわしさから解放されたい!などシミを早く消したい場合は、化粧品よりも早くシミの解消が実感できるレーザー治療があります。

 

レーザー治療はシミの出来ている肌細胞だけを照射出来る治療法で、正常な肌細胞は傷つけずに済むメリットがあります。

 

1〜2週間程度でシミの部分がかさぶたになり取れると赤くなり、その後元通りの肌に戻ります。

 

レーザー治療が受けられるクリニックでは最新のレーザー治療機器が導入されていることも多く、シミの種類や状態によって使用するレーザーを使い分けている場合もあります。

 

レーザー治療,使い分け

 

シミを消すレーザー治療の保険適用

クリニックでのレーザー治療には保険が適用されるのか、ざっくりとですがまとめてみました。

  • 一般的には医療の分野であれば保険が適用され、美容の分野であれば保険適用外になっている場合が多いです。
  • ほくろやあざなどをレーザーで取る場合は保険適用になる場合もあります。
  • シミや色素沈着などの場合は、保険適用外のレーザー治療が殆どで料金はクリニックによっても異なりますが、シミ1か所に付き〜3万円程度の場合が多い様です。

判断基準としては見た目の印象が悪いようなほくろやあざなどは、保険適用になるといったイメージですが人によっては微妙なケースもあるかも知れません。

 

シミはどうしても出来てしまうから、というかできやすいから保険適用しないのかもしれませんね。今後変わっていくことを望みます。

 

レーザー治療,シミを消す

 

シミを消すレーザー治療の副作用

整形も含めお肌に刺激を与えるレーザー治療を施した後の肌に変化は起こらないのか気になります。

 

数年後に再びシミが出来てしまうという事が紫外線対策によってはあるのかもしれませんが、レーザー治療直後に何か副作用が起きてしまうのかどうかは調べておきたい点ですよね。

 

一般的にレーザー照射後はかさぶたになるまで1〜2週間程度かかるため、肌が炎症を起こして傷が出来てしまったように感じる場合もあります。

 

1〜2週間後にはかさぶたになりシミの原因となっていたメラニン色素が剥がれ落ちていくため、副作用と勘違いしやすい場合もあります。

 

どちらかというと好転反応といったイメージですので、かさぶたが出来ることはシミが落ちているという風に考えるほうが良いですね。

 

レーザー治療でシミを消した後のアフターケア

レーザー治療を行った後は、自宅で出来る美白ケアを提案してくれるクリニックも多いです。

 

独自の化粧品などを進めているクリニックもありますからレーザー治療後の肌の様子を見ながら相談されると、副作用や治療後の不安の解消にもなります。

 

レーザー治療によってシミが目立たなくなった場合は、紫外線による肌ダメージをなくす予防法で、再びシミが出来てしまわない様なお手入れをが欠かせません。

 

年齢を重ねれば紫外線ダメージによってコラーゲンも破壊されてしまいます。

 

すると肌の乾燥が進み肌機能の低下からシミが出来やすくなるという悪循環になってしまう場合もあるんです。

 

せっかくのレーザー治療のよるシミの解消を後悔しないためにも、治療後のお手入れでは紫外線対策を万全にしてください。

 

私が実際に行ったシミ予防と美白ケア化粧品とは