更年期はシミが増える?更年期のシミを予防する方法

更年期はシミが増えやすい?体の不調にまつわる話はよく耳にしますが更年期は肌トラブルも起こりやすいそうです。

 

更年期のシミ予防について調べてみました。

 

更年期,シミが増える,予防

 

更年期はいつから?

「もしかしたら更年期障害かもしれない・・・」私がそんな話題を耳にするようになったのは40代を過ぎてからです。周りの知人に40代半ばや50代に近いアラフィフの方もいて、43歳頃から急に老け始めるよという話を聞いていました。

 

40歳も43歳もそんなに変わらないと思うけど・・・20歳と23歳ならさほど変わりはなくても40歳と43歳の3歳の差は大きいようで、40歳ならこんなお手入れをしておくと良いとかシミが増えるから紫外線対策は年中必要よなど勉強になる話も多かったです。

 

更年期は閉経を迎える年齢を挟んで前後5年、合わせて10年間の事をいうそうです。思っていたよりも長いですね。

 

思春期よりもかなり長いです。そんな更年期にシミが増えるというのだから今から出来る対策について調べてみました。

 

更年期に起こる肌の変化とは

本格的な更年期を迎える少し前から体の中ではこんな変化が起こっている可能性があるそうです。女性ホルモンの分泌量が減少していくということです。

 

女性ホルモンには働きの違う2つのホルモンがある

  • エストロゲン 肌を潤して女性を美しく見せてくれる働きのある卵胞ホルモン
  • プロゲステロン 体温を上げむくみや頭痛、肌荒れが起こりやすい黄体ホルモン

 

実は更年期になると美肌を作ってくれるエストロゲンの分泌が減るため、肌荒れや潤い不足などから肌が乾燥したり、シミやシワが増えるなどの肌トラブルが起きやすくなると言われています。

 

シミは更年期だから増えるもの?

更年期にシミが増える理由は女性ホルモンの分泌量が関係していることが解りましたが、紫外線を浴び続けている限りシミが出来る可能性は十分にあります

 

これまでに肌に蓄積されている隠れジミと言われるものはメラニンの沈着によって起きているものです。シミが増えるのはメラニンを作り続けているからともいえるので、メラニン生成を抑制する対策は更年期を過ぎても欠かせないと言えるでしょう。

 

更年期になってシミが増えるのはホルモンバランスの変化に体が馴染んでいないことも原因のようです。更年期を過ぎれば体がホルモンバランスの変化になじみシミが薄くなるという方もおられるそうです。

 

いづれにしても更年期は長期間なのでその間シミに悩むのは避けたいものです。本格的な更年期を迎える前に、今まで行ってきた紫外線対策やスキンケアを見直してみるとよいかもしれません。

 

更年期のシミを予防する方法

更年期のシミを予防するには女性ホルモンバランスの変化をどう乗り過ごすか?という事だと思います。健康な方でも卵巣機能の低下は年齢を重ねれば誰にでも起こることです。

 

すると自然にエストロゲンの分泌が減りホルモンバランスに乱れが出てしまいます。シミの予防には肌が潤っている事も大切なので更年期に乾燥を感じている場合は、保湿が欠かせません。

 

でもやみくもに高価な保湿クリームを使用しなくても肌の内側から潤いを補う方法もあります。コラーゲンを増やして肌の潤いを取り戻し新陳代謝を促しましょう。するとメラニン排出が行われシミ予防につながります。

 

肌の内側からコラーゲンを補うおすすめの方法はアミノ酸を摂ることです。コラーゲンはアミノ酸からできているからなんだそうです。詳しくはまた書いていきたいと思います。