肌のシミの原因を知って行う美白対策

肌のシミが出来てしまうといつの間にか消えている場合と、いつまでも残ってしまう場合があります。

 

どうしてシミとして残ってしまうのでしょうか?

 

肌のシミの原因の8割は紫外線

5月は、1年で最も紫外線が強い時期です。

 

夏場よりも過ごしやすい気候の為、夏よりも紫外線が弱いと感じますが、実は1番紫外線がきつい季節です。

 

紫外線には、UV-AとUV-Bがあります。

 

主にシミの原因となるのは、UV-Aを多く浴びていた場合です。生活紫外線とも言われていて、肌の奥まで届くことが特徴です。

 

そのため、私たちの肌は、紫外線が侵入してくるとブロックするためにメラニンを生成して肌を守ろうとします。

 

この時生成されたメラニンこそ、将来シミの原因となってしまうものですが、メラニンがなければ肌はダメージを負ってしまいますので一概に悪者ともいえないんですね。

 

そのため、メラニンの生成を抑制するような美白ケアで肌のシミを消してしまいましょう。

 

肌のシミの原因とスキンケア

UV-Bは、皮膚自体へのダメージが大きな紫外線です。皮膚が炎症を起こしてしまったりするのはUV-Bの影響です。

 

でも紫外線には、体内でビタミンDを作り骨を丈夫にする働きもあるため全く紫外線を浴びない様にすることはあまりよくありません。

 

健康のためには日光浴も必要と言いますが、日焼けに注意しながら適度な時間、適切な方法で紫外線を浴びることは体にとってメリットになります。

 

朝陽をを浴びてウォーキングやヨガなどを週に1度でも行うとストレスの解消にもつながります。

 

紫外線の強い季節は、毎日日焼け止めを使用することになりますので肌にやさしいクレンジングや肌ダメージを和らげる保湿効果の高いスキンケア化粧品を使ってみてくださいね。

 

肌のシミの原因は肌老化の可能性も

シミの原因は紫外線の他に、肌の老化が考えられます。

 

30代後半になればだれでも感じる体や肌の衰えがあります。疲れが抜けないとか、肌のくすみやしわなどに悩みが出てくるのも肌老化の影響です。

 

年齢を重ねると肌の水分量が減ってくるため乾燥しやすくなります。すると肌のバリア機能が弱くなってしまったり、新陳代謝が遅れ始めるため今まで浴びてきた紫外線の影響で出来たメラニンがシミを作り出します。

 

新陳代謝が正常に行われていると、メラニンが生成されても新陳代謝の度に排出されるためシミになりにくいメカニズムになっています。

 

肌のくすみやしわ、乾燥を感じたら新陳代謝を促すスキンケアをしてみてくださいね。

 

新陳代謝を促すスキンケア化粧品について