敏感肌のシミは専用の化粧品でお手入れしよう

肌のバリア機能が弱っている状態の敏感肌は、シミやシワなどの肌トラブルが起きやすいと言われています。

 

バリア機能が正常に働いている場合は、シミの原因となるメラニンが肌細胞の生まれ変わりと共に排出されていくのですが、機能が弱い場合は肌に色素沈着してしまいます。

 

そしてシミが発生してしまうのですが、敏感肌でもバリア機能を整えることが出来る化粧品でお手入れすればシミはやがて消えてくれます。

 

敏感肌のシミは美白しにくい?

 

私は年齢を重ねていくうちに季節の変わり目や体調により敏感肌傾向になります。

 

そのため、普段使っている化粧品が物足りなくなったり良さが解らなくなった場合は、常備している敏感肌用の化粧品に切り替えたりしています。

 

その化粧品というのがシミを消す美白化粧品ランキングで紹介中です。

 

美白化粧品ランキングを見てみる

 

ポーラとオルビスが共同開発した敏感肌用の美白化粧品です。シミの消しゴムと言われているハイドロキノンは、敏感肌にも使えるようですが、正直肌荒れが怖かったのでその化粧品を選びました。

 

なので、私の場合は、美白化粧品でもシミを消す力が高いハイドロキノン配合化粧品と、敏感肌気味の時に使う美白化粧品を交互に使用しています。

 

敏感肌のシミは刺激を受けやすい

敏感肌の場合、かさつきや痒みなどが起こりやすいバリア機能の弱い肌質の為普通の肌よりも外的刺激を受けやすいです。

 

例えば髪の毛やほこりなどが肌に触れただけでも痒みが出ます。

 

そして、花粉の時期は辛かったりします。

 

なので敏感肌特有のバリア機能が弱っている肌質からバリア機能が正常に働く肌質に整えてあげましょう。

 

敏感肌のシミ消しには肌質改善

肌質を改善するのは時間もかかりますが、シミが出来にくくなり肌トラブルが減るため結果的にはお手入れを行って良かったと感じていて頂けると思います。

 

年齢を重ねればシミは増え続けますので早めに肌質を改善してシミの出来にくい素肌を手に入れましょう。

 

敏感肌専門の化粧品は、それならではの安心して使えるメリットが高いため持っていると困った時に頼れる化粧品です。